レーシック手術の注意点について

最近注目されているレーシック手術ですが、まだ歴史も浅く、
安全面が確立していないところがあるのは事実です。
知っておいたほうが良いこととして、
・近視が強い人の場合、暗いところや夜間で良く見えなくなることがある。



・夜間に、明るい光の周辺に輪状のもやがつく(ハロー)、夜間の照明が眩しい(グレア)、
放射状に光が見える(スターバスト)などの現象が起こることがある。
・ドライアイになることがある。
・コントラスト感度の低下の可能性がある。
・角膜中心部の曲率しか変わらないので、夜間に瞳孔が開くと、角膜周辺部の部分で術前と
変わらぬ曲率をもつ部分を通った光線が網膜に到達するようになり二重の像が見えることがある。

手術の際は、手術承諾書のサインを求められることもありますが、
すべての合併症を把握することは不可能であり、承諾書に書かれた問題や合併症以外のことが起こりうる。
感染等で重度の視力低下をまねく恐れがある。



こうしたリスクを指摘する声もあるようです。
レーシック手術を受けた人が重度の結膜炎になり、集団訴訟を起こした、
というニュースも記憶に新しいところです。
やはり、信頼できる医師に施術してもらったほうが良いでしょう。

また、具体的にどのようなプチ整形の方法があるのか知りたい方は
美しくなりたい!手軽に出来るプチ整形!をご覧下さい。

具体的に、健康のためのポイントやトレーニング方法を男性だけでなく、女性にとっても色々役立つ情報を紹介した、
健康維持・ダイエットも効果があるトレーニング法!を是非ご覧下さい。

inserted by FC2 system