斜視とは目の疾患?

眼の異常に関しては、斜視という言葉もよく聞きますね。
斜視というのは、眼の疾患なのでしょうか?それとも、
生まれつきなのでしょうか?
具体的に、どのような状態なのでしょうか?
意外と、知らないものですね。



我々の眼は両眼視で、右目と左目で見たふたつの像を脳でひとつにまとめて見ます。
ものを立体てきに捉えられるのも、両眼視で見るからです。
斜視は、ものを見るとき、片方の目は目標のものに向いているのに、
もう一方の目の視線は全く違う方向に向いている状態です。

斜視は、片方の目が目標点よりも内側を向いている内斜視と、外側を向いている外斜視があります。
また、正常の視線よりも上下いずれかにずれている、上下斜視というものもあります。
さらに、ときどき斜視の症状がおこる「間欠性斜視」があります。
これは幼児期に起こり、実際には斜視ではない「偽斜視」というものです。
成長とともに自然に治ります。
原因として、眼筋の神経支配の異常、眼筋そのものの異常、眼筋附着郡の異常などがあります。



また、強い遠視や近視がある場合や、片眼の視力不良により両眼の眼筋の微妙なバランスが崩れ、
斜視になることもあります。
斜視は、視力回復および治療は難しいとされています。
治療は手術が中心で、眼球の向きを変えるために眼球の外側についている6つの筋肉を手術で
強めたり、弱めたりします。


inserted by FC2 system