目の健康に摂取したいビタミンは?

眼の健康には、ビタミンの摂取も大事、とよく言われます。
ビタミンCは、老人性白内障の予防にも効果があるとされています。
ミカンやイチゴ、パセリやブロッコリーなどに多く含まれることから、
ビタミンCは日常の食生活で、野菜や果物で補うのが良いでしょう。



サプリメントでも摂取できますが、まとめて摂るのではなく1日4〜5回程度に
分けて摂るようにします。
一度に大量のビタミンCを摂っても、摂り過ぎた分は尿として外に排出されてしまう、
ということは知っておいたほうが良いでしょう。
アメリカでは、ビタミンCの摂取で、老人性白内障の発症率が低下することが報告されています。
ビタミンCは、白内障の原因となる活性酸素を抑える効果の高い抗酸化成分なのです。



日本でも、厚生労働省の研究班の調査で、白内障はビタミンCの摂取量が多いほど
発症リスクを抑えられるという調査結果が報告されています。
1日の摂取量は、100mgと厚生労働省は定めています。


inserted by FC2 system